思いつくままに

ほとんどの方は知っていることと思いますが・・・フライ用語は英語が使われ、表示方法が独特な為、フライを始められたばかりの方はとまどう時があります。

ティペット(ハリス)の太さ表示

8X・・・0・3号
7X・・・0・4号
6X・・・0・6号   0・6号を6Xと覚え、X表示の時は数字が大きくなれば糸が細くなると覚えます。
5X・・・0・8号
4X・・・1・0号
3X・・・1・2号

英語ではありませんが・・・

川の右岸、左岸・・・
上流に向かって左側が「右岸」、右側が左岸。言い換えれば、下流に向かって右側が右岸です。

ナチュラル・ドリフト・・・フライを自然に流すこと。誤解されているのが「デッド・ドリフト」。これはフライを動かさずに流すこと。どちらもナチュラル・ドリフトです。虫が動いている時、フライもそのように動かして流すこともナチュラル・ドリフトと言います。

プレゼンテーション・・・「プレゼン」としてビジネスでも使われる言葉ですね。提示と訳されますがフライ・フィッシングの場合、フライを水面などに置くことをいいますね。「これ、どお?」と魚に聞く訳です。いつも上手くいくとは限りませんが(笑)。

ピック・アップ・・・拾い上げるという意味ですがフライの場合、流し終わったフライを次のキャストの為に水から上げることを言います。「拾い上げる」という意味の通り、静かに行うのが基本です。スネイク・ピック・アップやスパイラル・ピック・アップという方法を使うとフライを静かに「拾い上げる」ことができます。

ダブル・ハンド・・・誰でも知っている言葉ですが時々「ダブル・ハンドル」と言われることがあります。間違っているのでしょうか?

ダブル・ホール・・・これも「ダブル・フォール」とか「ダブル・ホールド」とか、まれに聞くことがあります。前者は英語の綴りが違う為に起こっているようです。後者は単なる勘違いでしょう。

クローズド・ループ・・・ループ(飛んでいくラインの形。普通は先端が丸い)の上側のラインが凹んでいる形。ひどくなると「テイリング」と呼ばれる。テイリングはあってはならないミスなので何としても無くすようにしたいですね。

ライン・ハンドリング
・・・手元のラインをどう扱うかというもの。ラインを手繰り寄せてくる時の手繰り方や持ち方、キャスティングしている時のラインのさばき方など。わっかにして持つ方法、指に掛ける方法、手の中にまるめて持つ方法などたくさんあります。特に流れの中にウエーディング(立ち込む)している時にはラインを垂れ流しにしているとキャストがすごくやりにくくなります。また、移動の時などトラブルの原因となってしまします。
DSCF8146.jpg

スラック(スラック・キャスト)・・・ラインやリーダー、ティペットにたるみを作ること。山岸氏は「サーペンティン」と言ってました。ドラグ・フリーで流す為に行います。ラインをS字に落とすキャスト、パラシュート・キャスト、チェック・キャスト、オーバーターンを利用したキャスト、逆にターン・オーバーさせないキャスト、ウイグル・キャストなどいくつか方法があります。

フローティング・ニンフとイマージャー・・・細かいことですがこの二つの言葉には違いがあります。前者は水面絡みなのに対して後者は水中(底から水面まで)全部に対しての意味を言います。ニンフが羽化の準備を終えて底から浮き上がる、その時点からイマージャーとなります。ヒラタカゲロウなどは水底で羽化しますからね。

スペント、スペント・ダン、スピナー
・・・良く似た言葉です。「スペント」はカゲロウだけとは限りません。虫が羽を広げている状態を言います。「スペント・ダン」はカゲロウだけに使われます。羽化に失敗したり、何かの理由で羽を広げて流されている状態などを表します。「スピナー」もカゲロウのみです。亜成虫から脱皮して成虫になったカゲロウのことです。「ハーフ・スペント」というのは横倒しになった状態のことです。

スティルボーン、バルナブル、ドゥロウイング・ダン(DD)・・・これも良く似たまぎらわしい言葉です。スティルボーンは羽化に失敗して瀕死状態(生きている時も死んでいる時もある)でほとんど動かないで流されている状態。バルナブルとはこの状態も含めて何らかの理由で虫が動かないでいる状態のこと。マスが食べやすいのでこう呼ばれます。ドゥロウイング・ダンとは羽化途中や羽化後に水に溺れたダンの状態をいいます。「DD」と略して呼ばれることが多いです。

トラウト・ウインドウ、フィッシュ・ウインドウ・・・マスから見た水面の見え方のこと。97度の円錐形になります。円錐形の外側は基本的にマスからは見えません。ただし、そう単純ではありません。フライのウイングが大きく見えたり、鏡のように逆さに映って見える時があります。興味のある方は「フライタイイング・マニュアル・増沢信二氏著・山と渓谷社」をおすすめします。




tag : フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード