安全な釣りをする為に

昨日(8/24)の釣りを例に安全な釣りをする為の心掛けを書いてみます。

車の運転に気をつけるのはいうまでもありません。川に着いてからを考えます。

アブはもういませんがブヨが出る可能性があります。虫除け薬を塗ります。半そではいけません。今はやりのロング・スリーブ・ウエアを着てもいいでしょう。

用意して川に向かいます。まずブッシュの中を行きますがロッドを後ろ向きに持ちます。ネットが草木に引っ掛かり無くす恐れがありますので気をつけます。草で足元が見にくいのでこけないように注意します。

さて川に出ました。石にヌルや泥が付いていて滑りやすいです。なるべく石と石の間の地面を歩きます。
岸に川原がなく、大きな石が多いのでやむなく川を渡らなくてはいけません。水量が多いので二人で手をつなぎ渡ります(山の中でおっさん二人が手をつなぐ・・・そんなこと言ってる場合ではありません)。一歩づつ小股で歩きます。足を広げて安定させます。流れに直角か少し上流側に向かって歩きます。

途中、崖が崩れている場所があります。岸には落ちた石がたくさん。見上げると真上に崖が迫っています。反対側を行くわけにはいかないのでここを通るしかありません。進む所を観察してルートを決めます。崖を見て落ちそうな石がないか確認します。慎重に、でも速やかに通り抜けます。途中、音にも耳を澄ましておきます。しかし、危なそうなら遠回りしてもいいから、反対側を通りましょう。

ここは当然クマの生息域です。めったに会いませんが(普通クマのほうが避けている)鈴とクマ避けスプレーを持っています。

今回は見ませんでしたが秋になるとスズメバチに遭遇するかもしれません。じっとしているのは勇気がいりますががんばって動かないようにします。今まで何回も出会っていますがじっとしてれば問題ないと思います。巣の近くは恐いですがよく周りを注意するしかありません。ポイズン・リムーバーを持参するのもいいかと思います。

今回、石に乗ったら少しグラッと動き、ちょっとヒヤッとしました。大きく平べったい石だったので大丈夫だと思ったのですが・・・。大水などで川原が安定していない場所では特に注意が必要です。

イブニングで入った川は30センチの増水で岸はアシが密生していて川の中を歩くしか方法がありませんでした。柳やアシにつかまって歩きます。柳やアシをつかむ時は太い部分やなるべくたくさんのアシをつかみます。少ないと切れたりするからです。

イブニングが終わる前に帰るルートを確認しておきます。いつも来ている川ですが今回入った場所は久しぶりのポイントなのと水量が多いので・・・。平水なら帰るルートはわかっていましたが。護岸とアシが多いので安全に帰ることができるルートを捜しておいたわけです。

何といっても安全第一です。無事に家まで帰ることが第一です。

追記・・・僕みたいに老人になるとよく足がつります。家に帰ってから足がつるならまだ良いほうですが高速でつったら最悪です。絶対に避けなくてはいけません。そこで予防として釣りの前に湿布薬を施します。水分も充分摂ります。









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大事なことばかりですね。  

普段実践していることもあれば、ついおざなりにしてしまうことも…。
安全に釣りを楽しむために、心していきたいです。


釣りの後に足が攣るというのはよくありますが、ほとんど家に帰って寝るときですね。  
でも、イブニングの帰りの真っ暗な峠道でなったりしたらと思うと、あな恐ろしや。  
今度、湿布薬試してみます。

今年のハイシーズンの前からアミノ酸のサプリメントを釣りの前と後、それに昼の休憩時に飲んでいますが今のところ足が攣るという状態にはなっていません。  
まあ、病は気からではありませんが、気休め以上の効果はありそうです。

こんばんは。

blue様
僕の場合、年齢や普段の運動不足からくるものです。準備運動を事前にやるのも手でしょうね。
サプリメントは知りませんでした。もっと勉強しますね。
ありがとう!
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード