祝!初尺オーバー・アマゴ

台風予報の中、M君と今年あまり良くなかった場所へ最後の釣行です。水は平水よりやや少ない感じ。天気は概ね晴れ、たまに小雨と曇り。気温は高く、蒸し暑い。

9時から開始。彼にまずイワナが来ました。少しして僕にもイワナ。金色のきれいな魚です。その後やや間が空いて彼に27センチほどのヤマメが来ました。いずれも疑わずに食ってきます。午前中はこの3匹。出ないポイントのほうが多いです。

昼頃、大きなプールに着きました。朝、林道から覗いた時、大きなマスが見えた場所です。彼にやってもらいます。第一投目、流れが岩に当たる場所にフライが落ちて少し流れた時、とても大きなマスがフライをくわえました。彼が大きな声をあげます。バラさないよう僕もサポートします。マスは流れに乗り、下流に下って行きます。
マスの下流側へ回るようアドバイスします。

ネット・インしたのは39センチのサツキマスでした。彼にとって始めての尺オーバーのアマゴ系トラウトです。イワナの尺オーバーは何本も釣っていますがイワナ以外では初です。「おめでとう!」 すごく嬉しそうです。
DSCF8995.jpg
DSCF8996.jpg
DSCF8997.jpg

フライは10番、ディアヘア・カディス。ティペットは4X、リーダー全長は20フィート。

1投目に一番いいポイントに落としたことが最高の結果を呼んだのでしょう。

彼は「もう満足」と言ってましたがこれで終わりではなかったのです。3時頃やや深い瀬のポイントでもう1匹の尺ヤマメが彼に喜びをもたらせてくれました。瀬の終わりに大きな石があり、深さも早さも適度で大型がいかにも付いていそうなポイントでした。出た瞬間、白い魚体が跳ねました。そして流れを下ろうとします。彼は下流に回り、無事ランディングしました。やや銀化したヤマメです。ジャスト30センチ。
DSCF9001.jpg
この水系の最後と決めた釣行でこれ以上ない結果が出ました。彼は今日、カメラを忘れ「そんな時に限って大物が出るぞ」と冷やかしていたんですが本当になりました。

釣果自慢めいた内容になってしまいましたが彼がこの結果を出したのは当然の成り行きでもあります。オフ・シーズンのキャスレ、第1投の正確さ、ポイントを見る目、タックルの適正さがこのような結果に繋がったと思います。

僕のほうは・・・数匹でした。今日はどのマスもバックリ食ってきました。比較的大きなフライが良かったようです。僕のティペットは5X。全長18フィート。

僕の釣り姿です。基本的にポイントから離れて狙います。しゃがむことは少なく、普通に立って投げます。
DSCF8978.jpg
フォワード・キャストに入ったところ。ラインが真っ直ぐになっているところに注目して下さい。しかし、良く見るとリーダーがまだターン・オーバーしていません。もう少し待ったほうがいいでしょう。

DSCF8985.jpg
少し逆サイド気味に投げています。ややワイド・ループになっていますがスラックを入れる為にバックを高くして前を下げるようにしています。ループの上側が直線になっているのが重要。

DSCF8983.jpg
バブル・ライン(流芯)を狙って右カーブでスラックを掛けようとしています。流速差があまりないのでループ幅は狭くしていません。

DSCF8977.jpg
10数メートル先のポイントにキャストしています。カーブ・キャストをする為にループを右に傾けています。やはりループの上側のラインが真っ直ぐになっている点に注目して下さい。

今年はこれでここは最後です。以後は北陸を予定しています。


tag : 渓流 フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード