やはりキャスティング!

「再掲載です」
スクールをやらせてもらって、あらためて感じたことは「キャスティング」が一番大事だということです。
DSCF8985.jpg

渓流にしても本流のライズの釣りにしても大切なことはたくさんあります。マスがいるところを覚える(ライズがあれば当然わかる)、正確に投げる、上手く流す、フライの選び方、アプローチ、合わせ、取り込み・・・

渓流ではポイントを覚える、きちっと投げて上手く流す。この二つが重要です。本流のライズの釣りではきちっと投げて上手く流す、フライを合わせる。この二つだと思います。

ポイントを覚えたり、フライを合わすことも時間がかかります。仮にこれらのことができたとしても正確に投げられず上手く流せなければコンスタントには釣れません。普通はこれらのことを同時進行で覚えていくことでしょう。

これから禁猟期間に入ります。キャスティング技術を磨くにはもってこいの季節です。友人の何人かは禁猟期間中にキャスティング練習を熱心にやった結果、渓流などで見違えるほど上手くなっていました。当然釣果もUPしました。

渓流を主にやっている方でもキャスティング練習は3番を使うより5番以上を使ってやるようにしたほうがいいと思います。勿論3番などでも問題ありません。

練習で目指すものは・・・
  ①安定したループ
  ②真っ直ぐ伸びて静かに落とす    この二つです。
①の安定したループを作るには前後に真っ直ぐ振る、加速とストップを覚える。テイリングをしていたら何としても直す。無理に狭いループを目指す必要はありません。
②は最も大切なものです。メディアではあまり強く言われない気がします。フライとリーダー、ティペット、ラインが水面近くで真っ直ぐになり、同時か、またはフライが先に静かに着水する。これを目指してほしいと思います。

ティペットなどに結び目ができる、テイリングする、何回振ってもラインが伸びていかない(フォルス・キャストが多い)、風が苦手、ラインが先に落ちてしまう、ドラグがすぐ掛かる、思っているところに落ちない、早い流れの向こう側が苦手、草や木がかぶさっているポイントが苦手、キャストしたあとに腕が伸びている、後ろでよく草などに引っ掛かる・・・これらをクリアするためにはキャスティングを磨くことが大切です。

最後に練習方法をひとつご紹介します。真っ直ぐ振るための方法です。(これは僕が自分で考えました。大安トラウトレイクにいた時です。去年SプロのHPを見たらやはり壁を使った方法を薦めてました。間違っていなかったのだと思います)
DSCF9052_20110924215826.jpg
壁に直角に立ち、腕を垂直に上げます。ヒジが壁に当たるように構えます。すると手と壁の隙間は数センチ空きますね?バック・キャストとフォワード・キャストの間にこれを維持します。ヒジが壁に当たっている強さを一定にするのが重要です。一定のテンションで振れたら真っ直ぐに振れている証拠です!手と壁の隙間の距離も一定にします。

DSCF9053.jpg
フォワード・キャストの終了(バック・キャストのスタート)。

DSCF9054.jpg
バック・キャストの終了(フォワード・キャストのスタート)。

これで真っ直ぐ振れるようになったら次は「加速」と「ストップ」です。

tag : フライ・キャスティング フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年はいろいろ指導してもらいありがとうございました。キャスティングは難しいですね。もうちょっと練習して今の課題をクリアしたら、またよろしくお願いします。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード