トラブル防止と解消法(再掲載)

釣りをしていると、いろいろとトラブルが発生しますね?ロッドにラインが絡んだり、足元に絡んだり、木の枝にフライが引っ掛かったり・・・

すべて原因があります。その原因を取り除けばトラブルはだいぶ減らせるはずですね。

●ロッドに絡む・・・まずロッドをむやみに動かさないこと。動かせばラインなどが絡みます。リールにラインを巻く時はロッド・ティップを水中に入れます。水がない時はロッドを水平にして静かに作業します。

キャストして自分の近くに流れてきたラインをそのまま後ろにキャストすると、ラインが後方高く上がらないので、ロッドに絡んだり、後ろの草に絡んだりします。防止法は前方にロール・キャストをしてからフォルス・キャストに入ります。または、スネイク・ピック・アップやスパイラル・ピック・アップという方法をとります。

●ロッドを立てない・・・ロッドを立てているとラインの重さで、ガイドの中にラインが入ってしまいます。また、ティペットやリーダーがロッドに絡みます。ロッドを水平にしていれば、それらは防止できます。

●足元に絡む・
・・流れてくるラインをたぐらずに、そのままにしているとウエダーや石や他のものに絡みやすくなります。手にワッカにして持つ練習をして下さい。ワッカの大きさは水に届かない大きさを心掛けます。
移動する時も、リールに巻き込んだり、手にワッカにして移動するように心掛けます。

●木などにフライが引っ掛かる・・・釣り上る時に上を見るクセをつける。投げる前に上方や後ろを見る。

引っ掛かった時の対処・・・絶対にロッドをあおらない。引っ掛かったら、静かに観察し、リールにラインを巻き取り、ロッド・ティップが届く距離なら、ティップでやさしく突いてみる。ロッドが届かない場所でも、同様にラインを巻き取り、様子をみながら動かしてみます。全部はとれませんが大体は外れますよ!

フライが手に届く場所にぶらさがっていれば、フライを切ります。そうすればラインを引っ張ればとれると思います。

もう一度言います。すぐにロッドをあおらないこと。下手をすると折ってしまいます。

●対岸のブッシュにフライが絡む・・・タテのワイド・ループで投げると絡みます。横のループで投げます。できれば狭いループを心掛けます。テイリング・ループも良くないのできれいなループを心掛けます。

投げる前に一度、テスト・キャストします。ポイント近くの手前へ投げてみて距離をみます。足らない長さのラインを伸ばしてもう一度キャストします。

掛かるのを恐がらない・・・いつまでたっても上達しません。万一掛かっても取りに行ける場所ならそんなに苦になりませんね。

●キャスト開始のやり方・・・これは渋谷直人氏のDVDから拝借しました。非常にスマートな方法です。
まず、ロング・ティペット・リーダーのしまい方・・・フライを真ん中ほどのガイドに掛けます。ティペット(リーダー)をリールに回します。最後にリールを巻いて完了。

さて、キャスト開始のやり方・・・リールに掛けてあるティペット(リーダー)を外します。それを手にもったままラインをリールから出します。ロッド・ティップから充分出る長さです。この時ロッドは水平にして動かさないこと。次に持っているティペット(リーダー)を引っ張ります。ラインがロッド・ティップから出るまで引っ張ります。次にロッドのバット部を手でトントンと叩くとフライがガイドから外れます。これでキャスト開始できます。

動画で見てもらったほうがわかりやすいので、別のページで動画アップしてます。または渋谷氏のDVDを参照下さい。

キャスト開始をスムースに行えない方が以外と多いのですね。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード