ロール・メンディングなどのやり方

「再掲載です」

動画を始めてから、多く見てもらっている一つに「ロール・メンディング」があります。
そこであらためて説明します。

狙っているのは真ん中の流れの向こう側のポイント。割と広いエリアで深さもあり、対岸側は逆に流れています。しかも手前にさえぎるものがなく、近づけません。

下流側の手前から打っていきます。岩にぶつかる流れです。次にその向こう、最後に奥の岩の際を狙います。

ロール・メンディングのキモは三つ


①キャストする前に手にラインをあまらせて持ってること。メンディングをする時にロッドを上げてくると出ているラインが自分側へ戻ってくるので、せっかく作ったスラックが減ってしまいます。そうならないためにロッドを上げてくる時はラインをロッドの中をすべらすようにして出します。ラインをあまらせて持ってないとこれができません。

②キャストした時にたくさんの「スラック(タルミ)」を作ること。これができてないと、次のメンディングをした時にフライが動いたり、スラックが減ってしまってドラグが早く掛かったりします。まず、スラック・キャストをマスターしましょう。

③次にメンディングをするのですが、何故メンディングをするのかを理解します。手前の早い流れにラインなどを置きたくないからです。置くのはその向こうの緩い流れ、しかも上流側です。メンディングするタイミングは早いほうが良いです。

必要なら数回メンディングします。その時に必要ならラインをリールから引き出しておきます。メンディングはロッドを立ててから行います。望む形、望む場所に落ちるように練習しましょう。

文字にするとややこしいですがこれだけのことをやっているわけです。

この動画では「カーブ&スラック・キャスト」と「ロール・メンディング」を使っています。それぞれのキャストのフォームを見て頂いて参考にして下さい。

スラックもメンディングも適度の量や形を心掛けます。多すぎたり、大きすぎると合わせに支障が出ます。少なすぎるとドラグが早く掛かります。練習して精度を上げましょう。


このポイントを攻める他の方法はないでしょうか?対岸に回る、上流へ回ってから狙う、背を低くしてもう少し近づく、などが考えられます。中でも上流からダウンで狙うという方法はいいでしょう。距離が近くなるからです。
また、中央の流れがもっと強ければ、より近づくことができます。

一度、後方を確認しています。投げる角度が変わると後方の木などに引っ掛かる危険性があるからです。こういったことも自然にできるといいですね。

tag : フライ・スクール ロール・メンディング スラック・キャスト カーブ・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード