"肩"を釣るには

落ち込みのすぐ上のポイントを「肩」といいますね? よく、いいサカナが付いています。でも確実に釣るには難しいポイントではあります。横や上流へ回ってキャストできればいいのですが、気づかれたり、木が邪魔してキャストできないこともあります。

下流から狙う場合を考えてみましょう。一番の問題はラインが下へ落ちてしまってフライがちゃんと流れないことでしょうか?昔から「近くの岩にラインを乗せると良い」と言われてきました。この方法も覚えておくといいでしょう。

僕がやっている方法は・・・カーブ&スラック・キャスト+ロール・メンディングです。カーブ・キャストだけですむ場合もあるし、スラック・キャストだけの時もあります。普通は3っつ共使う時が多いです。

ラインが下に落ちてしまうのだけは避けたいところです。それからフライをあまり上流側に置かないことも重要です。マスの位置にくるまでにドラグが掛かってしまうからです。マスがどこにいるか、わかるようになるとフライを落とす位置もわかってきます。

「肩」は早い流れもあれば、ゆるい場合もあります。また、「深い」、「浅い」といろいろです。種類によって攻め方を使い分けできれば最高でしょう。

「肩」をきちっと釣れるようになれば、あなたの技術は一流でしょう。ポイントの理解力、立つ位置、角度、距離、フライを置く場所(スジ、流す距離)、キャスト力、ライン処理が問われるからです。

それから「1投目」が重要ということも忘れないで下さいね。


tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード