まだまだわからないことがある

7/24の釣行記です。
友人と9時半に釣りスタート。水は平水、晴れています(午後は曇りがちになる)。
車が1台先に来ていたので、どこにいるのか見ながら林道を下ります。いつもの開始地点に着きますが、ここまでに姿が確認できなかったので、ここから釣りを始めます。

ポイントごとに交代しながら釣りますが、反応はまずまずです。一度反応したマスは2度と反応しません。やはり1投目は重要ということですね。ティペットは5Xでフライは11番ほど。

昼を過ぎたあたりから反応が下がってきて、しばらくあまり釣れない時間が続きました。先行者の影響かもしれませんがはっきりと断定できません。時期的な問題で昼間がむつかしいのか、先行者が原因なのか、いつまでたっても答えがみつかりにくいものです。それでも細かいポイントを打っていけば時々マスが顔を見せてくれます。

4時頃のことです。深くていい感じの瀬にフライをドリフトすると、1投目に大きなアマゴ(ヤマメ?)が反応してきました。でもフライをくわえることなく消えていきました。尺を優に超えています。

でも2投目以降は反応がありません。やはり1投目があまかったのでしょう。ドリフトに問題がある訳です。食いやすく流せていないのです。流れの速さより少し遅く流し、スジを外れることなく、フライも流れに乗って暴れないようにドリフトしないといけません。渋谷氏のDVDや理論を見るとそこらへんのことが詳しく表現されています。
「食いやすく流す」・・・これを実践できないといけない訳ですね。


友人に「動画」を撮ってもらいました。強い流れの向こう側を狙っている場面です。この釣り方ももっと練習が必要です。
ロール・メンディングのやり方が完璧ではありません。ラインを置く場所が合っていない時があります。もっと精進しないといけません。
下流側の奥の広いマキはフライを長く浮かべて流れに乗せています。最初のポイントでは強い流れのすぐ向こうを狙っています。もう少し長くフライを浮かべて置ければいうことはありません。

まあ、いつものごとく課題も多いわけですが楽しい釣りに変わりはありません。できなかったことを再確認し、次にはできるようにしよう!そう思う訳です。

tag : フライ・スクール ロール・メンディング 対岸マキの釣り

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード