渓流でのラインのたぐり方(ライン・リトリーブ)

いろんな方と渓流を釣る機会がありますが、ラインを的確にたぐって(リトリーブ)いる方は少ないような気がします。

いちばん多いのは「たれ流し」。少しぐらいなら影響は少ないですが、多くなるとトラブルの元です。

次に多いのが「たぐらない」。近距離を釣っている場合がほとんどなので、問題がないように思えますが、こうやっている方の多くがロッドを高く上げてきますね?できればロッドは水平近くに構えて欲しいです。合わせが上手くいきますので。ロッドを水平に構えると近距離でもラインが少したるんできます。そのぶんをリトリーブするようにします。

また、たるんでくるラインの量より、たぐるラインの量が少ない方も多く見受けます。早い流れで比較的遠くへキャストした場合によく見られます。合わせが上手くできなかったり、トラブルの元になります。

渓流で行うライン・リトリーブ
①・・・手にワッカにして持つ(5、60センチの輪)、もっと小さいワッカにする時もある。
②・・・パーム・リトリーブ(手のひらにたぐったラインを持つ)
③・・・フィギュア8(エイト)
などでしょう。

基本の考え方は「ラインがたるまないようにたぐる」。遠いポイントにキャストした時も、早い流れでも、遅い流れでも、ラインのたるんでくる状態に合わせた的確なリトリーブを行う。

ここで一つ気をつけてほしいのが「リーダーやティペットのたるみは残しておく」ということです。これらのたるみをとってしまうとドラッグの原因となってしまいます。たるみをとるのは、あくまでもラインだけということをおぼえてほしいです。

もう一つ。ラインがどんどんたるんできてるのに、フィギュア8などで細かくリトリーブしている方が以外と多いということです。フィギュア8は「おぬし、できるな!」と思われたり、カッコイイと見えますので。ゆるい流れで適正にフィギュア8をやれば問題ありません。しかし、早い流れではたるんでくるラインに追いつけません。

①の手にワッカにして持つ方法・・・基本として「50~60センチをワン・スパン」としてたぐる。胸か腰の前の手の位置から下に降ろして、足の横にもっていきます。これを1回のリトリーブとします。これを2回行ったら次にラインをつかみます。一つのワッカができています。ワッカの大きさは約5、60センチの大きさで水面につくかつかないかの長さです。よっぽどロング・キャストをしない限りワッカの数は2~3個くらいでしょう。流す距離が多くなければワッカの数は増えません。

この「50~60センチ」をワン・スパンとしてたぐるのですが、流れが遅ければ「ゆっくり」たぐり、速ければ「早く」たぐればいいでしょう。「2回たぐったら手に持つ」ということを無意識にできるまで練習します。意識しないとマスターできませんので「意識」して練習しましょう。

いくつかの指に順番にワッカを掛けていく方法がありますが、渓流ではあまり必要がありません。長いラインをたぐることがないからです。「いくつかのワッカを手に持つ」だけでOKです。

手にワッカにして持つ方法ですが、小さなワッカにして持つこともあります。近い距離や、ゆるい流れなどの場合です。臨機応変に考えて行いましょう。

②と③については・・・どちらでも構わないでしょう。たぐる量がそんなに変わらないと思いますので。厳密に言えばフィギュア8のほうが少し量が多いと思えますが。僕はどちらもやりますが、そんなに多くはありません。①の方法でほとんどをこなしてしまいます。

DSCN0237a.jpg










tag : フライ・スクール ライン・リトリーブ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、リトリーブは意識してやるようにしていますが、ロッドの保持する高さが水平のほうがいいとは初めて知りました。
(もしかしたらスクールで教えてもらったかも知れませんが)

そういえばYukiさんは水平に構えていますね

今度意識するようにします

naru様

どうもです。
水平に構えると「横合わせ」がやりやすくなります。合わせは横合わせが一番いいと思います。ロッドを上げていると上へ合わせることになり、不都合が出ます。
横に合わせると、ラインが水に接触するのでマスの自由がきかなくなり、暴れるのが制御できます。逆にラインが空中にあるとマスが自由に動きやすくなるので、バレの要因になります。

バスプロがボートからファイトする時にロッドを水中に入れてるのも同じ理由からです。ジャンプを防ぐ意味が大きいのですが、魚をコントロールする意味があります。釣り人側に主導権を持ってくるのですね。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード