1投目が大事!

長い経験の中で、またスクールをやらせてもらう中で実感するのが「1投目が重要!」ということです。

1投目にきちんとポイントに入れば釣れる可能性はすごく高くなります。特に渓流ではマスがいれば、ほとんど食ってくるといっても言い過ぎではないほどです。

では1投目に入らなかった場合のデメリットは何でしょうか。言い換えれば1投目だと何故釣れるのでしょうか。

①・・・何回も打っているとマスがビビッてしまう。警戒してしまうんですね。例えばポイントの向こう側へ間違って落とした場合、あわててピック・アップ(フライを水面から上げること)するとマスの上で音がしたり、水面が乱されます。ピック・アップしなくてもマスの上にラインが落ちるので悪影響があります。また、何回もフォルス・キャストをしているとマスが警戒してしまいます。

②・・・落とし方や落とす場所が間違っているとドラグが掛かってしまい、マスに警戒心を与えます。運よく食ってきたとしてもフッキングが上手くいかない場合が多くなります。2度と出ない場合が多いです。

③・・・1投目にきちっと決まればマスは「エサだっ」と思い、なんら疑わずに食ってくるはずです。余談ですが「フライの重要性は1番ではない」という根拠がここにあります。

④・・・マスの向こう側や近くに間違って落ちたり、ドラグが掛かったり、音がしたり、シブキが起きたりするのは避けなければなりません。

⑤・・・マスがどこにいるかを覚えなければなりません。ポイントがどこかを覚えるわけです。そうしなければ1投目にどこへ投げるかの根拠が低くなります。

⑥・・・1投目を投げる時に言葉は悪いですが「無造作」にやっている方がいます。きちっとループを作らずに投げたり、距離や角度などを充分に考えなかったりなど。どうしても正確度が落ちますね。一つ一つのポイントを丁寧に狙っていくことが重要ですね。

スクールなどで「あそこへ投げて」と指示を出した場合、1投目で入る方は多くありません。逆に1投目できちっと決まるとマスが出てくれる場合が増えます。スクールが終わったあとや、途中で「キャスティングが大事ですね」と感想を頂く場合がほとんどなのですが、何が大事かということをわかってもらったことになります。
スクールをやらせてもらってて「嬉しい」と感じる瞬間でもあります。



tag : フライ・スクール プレゼンテーション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日お暇が出来たので急遽庄川へ行って参りました。
ヤマメ・アマゴ狙いです。
柚木さんの仰るよう、今回は普段あまり狙わないようなポイントも攻めてみてました。
結果は◎
また一つ勉強になりました!(^o^)

けれど思い返せば私もかなり無駄なキャストが多かったと思われます。
第一投目って距離感を掴むのが難しいですね…
一発目で届かなかったというパターンが殆どの様な…
次回はその点に注意しつつ精進したいと思います!

shingorou様

今晩は。ありがとうございます。
1投目の距離感を計る方法があります。
ポイントに影響がない角度で(あまり離れない場所)テスト・キャストをしてみます。それで距離を把握したら次にポイントに打ちます。
こうすれば失敗は減ります。
ただし、どちらのキャストも同じループや落とし方をします。違うループや落ち方をすると距離が狂うからです。カーブを掛けるのなら2回とも同じカーブの形にします。
テスト・キャストの時に持っているラインの位置から不足分(又はオーバー分)の長さを持ち替えて、ファイナル・キャストします。
これでだいぶ正確度が上がります。
慣れればテスト・キャストも不要になります。
意識することと、練習、そして経験が上達に必ずつながります。

ブログにこれに関する項目がありますのでご覧下さいね。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード