オフショルダー(バックハンド)・キャスト

以前にも書いていますが、あらためて・・・

オフショルダー・キャスト(バックハンド・キャスト)をちゃんとやれている方は以外と少ない気がします。顔の前や首の位置でやっている方が多いですね。必ずしもダメではないと思いますができれば利き腕側でキャストしたいものです。

渋谷氏の「ロングドリフト」DVDでも氏がわかりやすく実演してますので是非参考にしてほしいですね。氏の説明は当たり前ですが完璧だと思います。

このキャストのメリット・・・●風の影響を気にしなくなる。もっと言えば風を利用できる。●このキャストを使えばほぼ180度の角度でキャストできる。●ということは利き腕側に木やブッシュなどがあってもキャスト可能になる。●川のどの位置に立っても(右岸、左岸、中央)釣りが完璧にできる。●ブッシュの下を釣りやすくなる。

この4枚の写真はオフショルダーにする一つの方法を示しています。
サムオントップで構えている状態から手首をひねって手のひらを前方に向けます。するとロッド・ティップは体の反対側へきます。そのままキャストするとオフショルダーになります。
DSCF9040.jpg
DSCF9041.jpg

もう一つの方法は・・・一番上の写真のように構えている状態からヒジを外側へ斜めに出します。渋谷氏は「敬礼のポーズ」と例えています。わかりやすいですね。ロッド・ティップが反対側にきますから、その状態からキャストすればオフショルダーになります。

リストや腕はあくまでも顔の横で振ります。首の下などで振るとストロークがかせげなくなったり、ホールがむずかしくなります。

人差し指を伸ばしてロッドを握っている方は、すでに手のひらが前を向いているので、ヒジを傾ける方法をとって下さい。

ちなみにあるブログで「スティーブ・レイジェフは利き腕側から風が吹いていてもオフショルダーを使わずにサイド・キャストで振っている」と書いてありました。オフショルダーを使うとラインが風の影響を受けて曲がってしまう。また、サイド・キャストで水面近くを飛ばせば風の影響が減る・・・というのが理由のようでした。一理あると思います。参考になさって下さい。

また、オーバー・ヘッド・キャスト(ロング・ストローク)をしている方はオフショルダー・キャストがもしかしたら覚えにくいかもしれません。ショート・ストローク・スタイルの方は覚えやすいでしょう。どちらにしてもオフショルダー・キャストのやり方を理解すれば問題ないと思います。

tag : フライ・スクール フライ・キャスティング オフショルダー・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード