石徹白(C&R)の釣り

年に何回も行くわけではないので僕ごときが言えた義理ではないのですが、今感じている石徹白川(C&R)の釣りについて・・・

ここのマスは人を見ても逃げません(逃げるのもいるとは思いますが)。2、3m前で平然とライズを続けるマスの多いこと!イブニングのライズの多さは他の渓流の比ではありません。裏返せば日中隠れているマスが多いということでしょう。平気でライズするマスが多いということと矛盾しますが、それだけ魚影が濃いということと、釣り人のプレッシャーが多いということでしょう。人に馴れちゃうマスがいるということは他の渓流では考えられません。

魚影が濃いというのは関係者の方々の努力の賜物です。その努力は大変なもので尊敬に値すると思います。(昨日も産卵床の作業をやられていました)

さて釣りですが・・・日中にライズするマスをどう釣るか?昨日観察すると極小さな虫を食べていました。サイズにすると30番前後くらいか?マスの動きはとても小さく、水面に浮いた状態で口だけを動かすもの。波紋なんてほとんどできません。

去年の同時期での釣りかたは・・・ティペットを細くしてフライを20番に変えて答えが出ました。ティペット0.2号(0.3でも良いかな)、フライ28番くらいならいけると思うのですが。食べてる虫のサイズ(時には形や浮き方も重要)に合わせるのがいいでしょう。

5,6月のいい季節の釣りをここではやったことがありませんので実際はどうなのかはわかりません。

他にここのマスを釣る方法は・・・ウエット、ソフト・ハックル、ニンフ、ドライの誘い釣りなどが考えられますね。マーカー釣りもありでしょう。沈んでいるマスにはドライは難しいのでフライを沈めてリアクションさせたりする釣り方がいいでしょう。沈んでいても口や体を動かしているマスはやる気がありますのでニンフなどを上手く流せれば釣れるでしょう。ライズしていればドライで釣れる可能性があります。

いずれにしてもここは「独特な釣り」が要求される場面が多そうです。見えているマスに何十回キャストしても逃げないのですから。マスはとうに釣り人がいることを知っているのですね。

一般渓流では基本とされるテクニックや考え方がここでは通用しなかったり、効果が少ない場合がありそうです。裏返せば石徹白川に合わせた釣りをしないといけないのでしょう。

この川が持っている価値は高いものがあり、これからも釣り人の支持を集め続けるでしょう。

6.jpg
カーブ・キャストをレクチャーしています。手を添えてどこで力を抜くかを説明しています。






tag : 石徹白川 フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

だからここは沢山釣れる人と惨敗の人にわかれるのですね。

ある意味 大安に似ているかも?

naru様

どうもです。
そうです。ここに合った釣りをしないとあまりいい結果が出ないかもしれませんね。ただ、水面の虫を普通に食っている時なら別でしょうね。それでもプレッシャーの掛かり具合は半端ではないので注意がいるでしょうが。
ははは!大安と一緒かあ。そうかもしれませんね。似ている面も確かにあるかも。
柚木

No title

石徹白は一番通う川です。  

おっしゃる通り、ここ(C&R区間)特有の魚の反応がありここに合った釣り方をする必要があるとは以前から痛感していました。
それにしても魚影の濃さと比較的近いことからつい足を運んでしまいます。  

でも、通い始めてもう8年位になりますが年々釣りにくくなり、特に今年は思うように釣れなかった気がします。
上流のスキー場からの重油流出事故のあった年でも、それほど大きな影響は感じられませんでしたが…。

それでも釣果を上げる人は上げているので、自分自身が石徹白独特の釣りを出来なくなってきてるのかも。

blue様

どうもです。
石徹白川はいろんな意味で貴重なところです。大事にしないといけないですね。
僕もたくさん通っていれば今以上に戦略がわかると思うのですが、少ない釣行では偉そうに言えません。申し訳ないところです。
今年はどこも厳しかったので(特に夏以降)同じじゃなかったのでしょうか。
人それぞれ釣り方も違うし、いろんな結果が出るのは当然だと思います。自分で答えを出していくしかないでしょうね。
楽しみながら精進して下さいね。柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード