石徹白(C&R)再訪

先週のスクール・ミーティングでは日中非常に厳しかったので、確かめたいこともあって今日行ってきました。

2時前に到着。水は5センチほど増水、駐車場には車が2台。晴れていますが暑くない。駐車場下から開始です。
ライン4番、リーダー18フィート、ティペット5X、フライはオリジナル・カディス14番で様子をみます。

20mほど行ったところで反応が出ます。肩のところからイワナでした。ここから反応が続きます。肩、瀬脇、岩陰、ゆるいところなどからです。この区間は影になっているのでそれも要因かもしれません。

考えられるすべてのポイントを打っていきました。フライは同じです。時々ライズもしてます。出ている(見える範囲で)虫はカディス、小さい虫。ただ、フライを見に来て躊躇するマスも時々います。そういった反応をするマスはおおむね緩くフラットなポイントのようです。こういうポイントだけフライを小さくして攻める釣り方もありですね。

フラットなポイント以外では一般渓流と同じように食ってきます。釣り人が少ない、水が増えた。気温が下がったなどの要因が良かったのでしょう。前回との大きな違いです。隠れているマスも少なからずいるのでしょうが今日はやる気のあるマスが多かったようです。フライを食ってくる場所もここはと思う場所でした。

5時頃にプールに着きました。日が傾いてくるとポツポツとライズが始まりました。極く小さい虫を食べていてライズ・フォームも静かです。これは前回と全く一緒です。黒っぽい虫、白っぽい虫などが見えます。本当はネットを入れて流下を確認するといいのでしょう。釣り方は前回も書いたようにティペットを細くし、フライも小さくすれば答えが出るでしょう。ドラッグを掛けないことは特に重要です。

5時半をまわるころライズ・フォームがやや大きくなりました。明らかに食べている虫が変わった証です。16番のクリーム・フライをライズの中へ何度も流しますが反応が芳しくありません。フライが合っていないようです。パターンなどかもしれませんがサイズがやや大きかったのでしょう。

6時からライズ・フォームがもう少し大きくなり、数も多くなりました。先程のフライで問題なく食べてきます。

6時半を過ぎた頃、ライズは終わりました。

夕方の時間は3段階の釣りをしないといけないことがわかりました。フライ・サイズも3種類使う。色や形も追求する。ティペットも必要範囲で調整する。

これがわかったことは収穫でした。もちろんこれが全部ではありません。いろんな状況が考えられるし、きりがないと思われます。でも僕の中でヒントがはっきりとわかりました。引き出しの一つになると思います。

駐車場に戻ると車が3台。みなさん釣りを終わって片づけ中です。どうだったのでしょうか。





tag : 石徹白川 フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お疲れ様でした。この釣りは本当に奥が深いですね、今更ながらに強く思います。イブニングで3回もフライ、ティペットを変えるのは至難の技ですが(最近、本当に視力が衰えたせいですが)なんかいい方法ないかなぁ

naru様

どうもです。スクールの時と今回ではいろいろ違いがありました。面白いものですね。
いざという時、トラブルは本当にガックリきますね。何回あきらめたことか・・・
シニア・グラスはいかが・・・^^
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード