やはりキャスティングが大事!

Hさんの渓流スクールを庄川で行いました。去年に続いて2回目です。

少し早めの7時半頃に川に着いたら、誰もいません。ゆっくり準備して上流へ向けて歩きます。水量はやや減水、透明です。天気は晴れ、気温はあまり寒くなく、快適です。

スタート地点のプールに着くとライズがあります。彼にまずやってもらいます。ほぼ1年ぶりの渓流でのキャスティングをみせて頂きます(大安TLでは何度も拝見してます)。少し、上流から風が吹いてはいますが、フライが伸びていきません。テイリングも起きてます。

そこで「キャスティング」の練習をすることにします。いくつかの修正点を、手を添えたりして、リストの使い方や、加速の感じ、真っ直ぐ振ることなどを説明します。まだスクールが始まったばかりなので、早いほうがいいと思っての判断です。少し時間を掛けて練習してみると馴れてこられたのか、感じが掴めてきました。

大事な、いくつかの項目を繰り返し話して、以後練習してもらうことにして、他のレッスン項目に移ります。

伺うと・・・スマートな釣りをしたい、トラブルをなくしたい、カーブ・キャストを覚えたい、ポイントの見方や攻め方をもっとわかりたいなどがありました。

トラブルは①木などに引っ掛かる。②足元や水の中に絡まる。③ロッドにラインなどが絡まる。でした。それぞれの対処法を説明しました。

ポイントや攻め方についてはほぼ1日中説明しました。ポイントの種類が違うこと、攻め方もいろいろあることが理由です。キャスティングも大いに関わってくるので、時間を掛けて説明したいものです。

カーブ・キャストについてはキャスティング・レッスンの後に2回行いました。カーブ・キャストなどは「基本のキャスティング」ができていないと難しいですよ、とお話しし、キャストの練習を続けてもらうことを話しました。
夕方の2回目の時には感じを掴んでもらったようです。これも、これからもっと精度を磨いて欲しいものです。

午前中、「オフショルダー(逆サイド)・キャスト」をやってみて下さいと言ったら、お見事にキャストされました。素晴らしいものです。
DSCF0899.jpg
DSCF0900.jpg

「スマートな釣り」については、いろんなことが関わってくるので(トラブル・フリー、自然体に釣る、リズム良く釣る、楽しく遊ぶなど)、少しずつ実現してもらったらいいと思います。

さて、今日のマスの反応はどうだったか?いつものこの川よりは反応が少し低かったです。昼頃からしばらくは良かったですが、3時を回ると反応が減ってきました。気温が下がってきたのと、曇ってきたのが要因かもしれません。この時期はまだ安定した結果が出るものではありません。

出ていた虫は「ミドリカワゲラ」が一番多く、次にカゲロウ(ブルーダン、14番ほど)、ユスリカなどでした。

Hさん、お疲れ様でした。楽しく遊んでスマートな釣りを目指してくださいね。有難うございました!

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード