木などに引っ掛かった時の外し方

僕の場合、木にフライが引っ掛かった時は8割ほどが取れます。
ロッド・ティップが届く場合はほとんど取れます。

良く見るのが・・・フライが引っ掛かった場合、すぐにロッドをあおる人。取れればいいが、最悪の場合はロッドを折ります!そうじゃなくてもフライが深く刺さってしまったり、ティペットなどが余計絡まったりします。

僕はこうします。引っ掛かったら、キャストを止めます。ロッドはあおりません。ラインを引っ張ったりしません。まず、出ているラインをリールに巻き取ります。それから引っ掛かった場所をよく観察します。

①フライがぶら下がっている場合・・・フライが届く位置にあったら、まずフライを切ります。次にラインを引っ張ればティペットも外れるはずです。
②ロッド・ティップが届くなら・・・絡まり方をよく観察してから、フライをまず一旦外します。又はティペットを少しずつ外していきます。どちらか、又は両方を落ち着いてやれば、ほとんど外れると思います。
③ロッドが届かない場合・・・ラインをリールに巻き取り、張らず緩めずの状態にします。引っ掛かった場所をよく観察します。次にロッドを小さく、細かく揺すります。決して強く引っ張ってはいけません。これを続ければ上手くいく時があります。

ティペットの交換、フライの消耗、ロッドの破損の危険性を考えると、少しの時間だけでもトライしてもいいのではないでしょうか?

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード