前回より反応増えたが・・・

川へ着いたのが8時半頃。用意して、しばらく歩いて釣りをスタートしたのが10時前。
水量は前回よりほんの少し増えていますが、数センチというところです。まだまだ平水とまではいきません。
アダムス・パラシュートとクリーム・パラシュート(11番)、ティペット5Xで釣っていきます。マスの反応は前回より多いです。イワナとヤマメ(アマゴも)が食ってきます。

ところが大半がバレてしまいます。掛かって半分ほど寄せてきてからバレます。「スレ」で掛かったのが数匹ありました。釣れたマスも口の中にフライが入っていないのがほとんどです。

これには思い当たるフシがあります。この間も書きましたが、この季節のマスはちゃんとフライを食えないようなのです。中にはジャンプするマスもいるほどです。「食い気」は充分あるのに、まだ水面を挟むと上手に食べられないみたいです。

DSCF0935.jpg しかし、もう少したつと「上手に」食べるのです。とは言っても僕のウデの方にも原因があると思わないといけません。「食うのがヘタだから・・・」と言って済ませられることではありません。長年の経験でそう思うのですが、まだ僕がやれることがあるはずです。

DSCF0936.jpg フライのサイズ、浮き方、フック・ポイント、流し方、合わせ方、ティペットの太さ、スラックの量、ラインのたるみ加減等々、やってないこと、改善点など勉強しないと・・・

DSCF0937.jpg

いいサイズのマスを数匹バラシました。ほとんど1投目にポイントにきちっと入って、しっかり合わせたのに途中でバレるのです。くやしいものですね。

課題は尽きませんが、今日も楽しかったです。気づいたこともありました。減水してる中、深くない瀬の脇でイワナやアマゴ(ヤマメ)が出たことです。大型ではありませんが中型もいました。

今日は2時にこの川の釣りを終えて、一色川へ行き、イブニングをやってきました。虫がたくさん出てライズも見ました。

さて、捜していた山菜は、まだ出ていませんでした。もう少し後のようです。来週以降に持越しです。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

フライの大きさも関係するのでしょうか?

先日僕の釣った魚もネットの中ですべてフライがはずれてました。

よいコンディションで釣りができたようでなによりです!

明日は天気良いようですが、また水量がへるかも知れませんね! また釣果報告します。

さすがにウドはおわりましたか?

naru様

フライの大きさもありますが、フック(特にゲイプ)のサイズが影響するでしょうね。大きい方がフッキングが良くなると思います。小さいフックでは口の中でスリップする可能性が高くなりそうです。

ちゅう太郎様

ウドは大きくなっていましたよ。これからは木イチゴが楽しみですね。
釣りのほうもこれから良くなっていきそうです。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード