「マキ」と「カタ」の攻め方

DSCF0942_20130613170232.jpg
「マキ」と呼ばれるポイントです。中央の流芯は下流へ流れていますが、対岸の「マキ」は外回りして上流向きに流れ、流芯と合流します。マスは図の位置にいることが多いです。しかも向こう(下流)を向いています。従って赤丸の位置にフライを落として、矢印まで流す必要があります。できれば岩の近くを流したいものです。もっと遠くから流してもいいのですが、肝心の場所で「ドラグ」が掛かってしまうのを避けないといけません。ポイントをいくつかに分けて狙うのもいい方法ですね。

また流芯の白泡の横の流れにもマス(この場合はアマゴやヤマメの可能性が高い)がいそうですので、必ず狙います。どちらを先に狙うかは貴方次第ですが、順番としては白泡のスジが先です。イワナ狙いなら「マキ」を先に。

「マキ」の実際の釣り方・・・カメラの位置から狙う場合は赤丸の位置にフライを置き、ティペットやリーダーに充分スラック(たるみ)を入れます。できればフライより右側にティペットなどを置きます。赤矢印の位置までドラグが掛からないまま流せそうなら、そのまま流します。そこまで持ちそうにないなら、フライを落としてすぐに「ロール・メンディング」を入れます。メンディングする場所は画面右側のオレンジ点線あたりを目標に。

白泡のスジを流す時は「右カーブ&スラック」を掛けて流します。

流芯が強くて太い場合、手前が浅ければ立ち込めるので、ある程度近づいても大丈夫でしょう。強い流れが貴方の気配を消してくれますから。

DSCF0943_20130613170231.jpg
「カタ(肩)」と呼ばれるポイントです。マスは印のあたりにいると思われます。フライを落とす位置と、流すスジ、どこまで流すかが重要です。最も避けたいのは「ドラグ」です。「カタ」ではおおむね、流れが速いのでマスに食いやすく流すことが求められます。また、マスのすぐ上にフライを落とすと食い損なうので、少し上流から流すようにします。
下流から狙う場合はドラグが掛かりやすくなるので注意が必要です。「カーブ&スラック・キャスト」を使って攻めます。「ロール・メンディング」が必要な場面もあります。下へ落ちていく流れにラインを乗せないことが重要です。
横や上流から攻められないか、検討することも大切ですね。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール マキとカタの釣り方

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

講義ありがとうございます、もう今年はこの2か所だけに執着してます。

先日も肩でいい魚がかかりました(けどバレました)

ロールメンディングも確実に上手くなっています(と、思ってます)

しかしわかっているけど一発で決まらないのでこれからも鍛錬が必要ですね。

naru様

今晩は。マキはイワナが多いですね。水量が多い時などはアマゴなどもつきますね。
カタは本当に難しいポイントです。下流からしか攻められない時は特に難易度高いです。自分の位置が低くなることも理由の一つです。如何に落ちる流れにラインを載せないかがカギですね。

一発で決まるようにしましょうね!

No title

勉強になります!
ここの所、諸々で忙しくせっかくのベストシーズンにちっとも釣りに行けてません。困ったものです!!

ちゅう太郎様

こんにちは。
マスは逃げませんから!行った時にベストな釣りができるといいですね。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード