プールを釣っています。

やや大きなプールを狙っています。
DSCF0441.jpg
目線を想像してもらうとわかるかもしれませんが、プールの中ほどを狙っています。プールの流れ出しはすでにキャストし終わっています。もっと下流から狙いました。
そしてプールの中ほどを狙う為に写真の位置に上がってきました。もう少し左側に立ったほうが良かったかもしれません。
流芯に目がいきがちですが、左側の岩盤際も外せません。どちらを先に狙ってもいいでしょう。というのは、ここはアマゴがいなくてイワナのみなので、流芯でも、流れの強さからみて大型のイワナがいそうだからです。

岩盤際と流芯をやったら、流芯の右も狙います。左右の幅が広いので、流すスジは50センチきざみくらいでやりましょう。
流芯の右はドラッグが掛かりやすいので、「カーブやスラック・キャスト」が必要です。勿論、自分の位置を左岸(下流を見て左)に移してもいいでしょう。

DSCF0444.jpg
中央をやったので、プールの頭周辺を狙う為に立ち位置を移動します。狙うのは、流芯の左と右です。左はポイントが小さいので、期待するのは右の「マキ」です。深くて広い「マキ」なので、大物もいそうです。泡が集まっているところが重要ポイントです。あまり長い距離を流そうとしないほうがいいです。ピック・アップも静かに行います。
僕が狙っている場所からだと、距離もあるし、「ロール・メンディング」も必要なので、左岸に移動して狙ったほうがやりやすいでしょう。

一連の攻める順番などは僕の場合の例です。他にも攻め方はいくつかあるはずです。水量や天候、季節や先行者などでも変化するし、左岸を釣り上がってもOKでしょう。

参考になればと思います。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード