僕が使っているフライ

渓流フライでは「キャスティングとポイントの把握が一番重要」ですが、フライの大切さも勿論です。
そこで今、僕が常用しているフライのお話です。

DSCF0983.jpg
「ブラウン・パラシュート」・・・通常使用サイズは14~10番。アダムス系も用意してます。
インジケーター(ウイング)はピンク。フックは勿論バーブレス!
僕がいつも最初に結ぶパターンです。
「姿勢が安定しやすい」、「フッキングが良い」、「フックが水中に入るのでドラッグが掛かりにくい」などのメリットが期待できます。

DSCF0990.jpg
「オリジナル・カディス」・・・使用サイズは18~11番。クリーム、タン、ブラウン、黒などのカラーを用意。
このフライの強みは何と言っても「復活力の高さ!」です。マスを釣っても、水分を飛ばせばすぐ使えます。
ウイングに使っている「パラポストウイング」が水切れが良いからです。
ボディー・ハックルはあるもの、ないものの両方を用意してます。フロント・ハックルも下側をカットしたもの、巻かないものもあります。
パラポストウイングはウエーブが掛かっていて「水切れが良い」、「ナチュラルっぽい」などの点が気に入っています。

013.jpg
「クリーム・パラシュート」・・・使用サイズは20~11番。主に14番以下の出番が多いです。特に小型は初夏以降のイブニングに活躍します。小型のメイフライ(カゲロウ)がイブニングに大量羽化するため、それに標準を定めたパターンです。

tag : フライ・スクール フライ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード