僕の釣りスタイルについて

僕が渓流フライでやっている釣り方(スタイル)について、あらためて書きます。

というのは・・・僕の生徒さんの釣りスタイルについて「あえて難しい釣り方をしている」という記事を目にしたからです。もちろん、その方の釣りスタイルは彼自身の釣り方であって、僕とは違うのは明らかなことです。しかし、彼にスクールを通じて僕の考えを説明しているので、少なくても僕の釣り方が影響していることはあります。

僕(達)は「あえて難しい釣り」をしているとは思っていません。いたって普通の釣りだと思います。基本の釣り方だと認識しています。

僕の釣りスタイルは・・・ラインを出してポイントから離れて釣りをする。これが基本です。僕の中ではフライ・フィッシングらしいと思っているからです。
近づいてもいいところは近づきます。臨機応変にやっています。でもほとんどはポイントから離れて釣りをしています。いつも「自然体」で釣りをしたいからです。

釣り方は自由です。どんなスタイルでもOKです。その方がやりたいことをやればいい訳です。

ポイントから離れて釣りをするのは「スタイル」以外にもメリットやデメリットがあります。メリットは上手くやれればマスに気づかれにくいこと。いつも自然体でいられる。ハードルがいくつかあるが、乗り越えた時の満足感が得られる。デメリットは正確度が落ちやすいこと、ラインなどにトラブルが発生しやすいこと、などです。

確かにポイントから離れて釣りをすることは難しいことです。マスターするためにはたくさんのハードルを越える必要があります。

臨機応変にやれて、遠いポイントでも問題なく釣れる、近づけるポイントなら近くから攻める、どんなポイントでも問題なく対処できる・・・これが一つの理想ではないでしょうか?その上で自分のスタイルを作り上げていければ素晴らしいでしょう。

これが僕の渓流スタイル・考え方です。理解して頂けると嬉しいです。

DSCN0202a_20120629195638.jpg









tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード