7/12 汗が噴出す日だったが・・・

006.jpg大水で砂利や砂が入り、プールも浅くなっていた。でも、こんな浅いプールのちょっとしたポイントからでもイワナが出る。ただし、相当離れて慎重にキャストしました。
003.jpg
午前7時から午後4時半まで釣りをしましたが、ずーっと汗が噴出し、止まりません。首の後ろが燃えるように暑い。
水は普段より多いです。この川はアマゴもいるのですが、今日釣った区間はイワナのみです。ピーカンなのにイワナは陰ばかりではなく、日の当っているポイントからも出てきます。フライへの反応は良いです。さすがに昼過ぎには反応が下がりました。午後4時を過ぎると草の陰でライズも見られました。

今日使ったフライは2本のみ。日中の「ブラウン・パラ12番」、4時からの「クリーム・パラ14番」。どちらも反応が良かったので他のフライに変える必要はなかった。

マスを釣ったら、水分を飛ばし、そのままでも浮きそうならキャストし、ダメそうなら、もう一度フロータントを塗ってキャスト。たまにフライを結び直します。

004_20130712212159.jpg

今日は「バラシ」が2回、フッキングしなかったのが何度もあった。毎度の課題だが原因と対策を探ろう。



tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード