ポイントの攻め方 落ち込み上の石の陰 

DSCN0779.jpg

石の陰を狙います。ポイントの長さは約1.5mほど。減水していて、陽が当っているのでキャストは注意が必要です。
黄色い丸印のあたりから黄色の三角まで流します。写真の位置から狙うとすると、落ち込みにラインが取られる危険性が高く、最後までドラグ・フリーで流すのは難しいポイントです。上流へ回ってダウンで狙ってもいいでしょう。

写真の位置から狙う時は、青い線のようにティペットやリーダーにスラック&カーブを掛けてキャストします。それでもドラグが掛かりそうならロール・メンディングを上流側に行います。ラインが下に落ちたり、手前に引っ張られるのは避けたいものです。

マスが陰のどこにいるかはわからないので、赤い丸の場所は一度で流したいです。水量が多い場合は上下二つに分けて流してもいいのですが、この場合は水量が少なく、日も当たっているので1回で流したい訳です。

できれば1投目に正確にキャストして、きれいに流したいです。流すスジは石に近いところです。石から離れるほどフライに出る確率は下がります。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あっあそこだ!

お疲れ様です、このポイントはいつもの川のあのポイントではないですか! 

今度ここで出ないなら秘策を考えましたので試してみよーと思ってます

naru様

どんな秘策!!??教えて!

No title

先生にしてみれば「そんなことかー」ぐらいの大したことないので今度お会いした時話しまが、ドライフライの用途を若干変えるだけのことです、具体的には・・・恥ずかしくてコメント欄に載せれません(笑)

naru様

想像つかないなあ!沈めるのかな?逆引き?それともハックルを切る?つばをつける?

No title

例をあげた4つのうちのどれかです。

実験結果報告します
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード