複数で釣りする時は

2人で渓流へ入る時は、僕はいつも一緒に釣り上がります。3人でも一緒に交代で釣り上がります。

一緒に釣りをしたほうがいいと思っているからです。一人が釣りをしている間、もう一人はその釣りを見ながら次の順番を待ちます。

一番の理由は何と言っても、人の釣りを見るのは「勉強になる」からです。自分とは違う釣り方を見られるし、良いところも悪いところもわかります。もう一つの大きな理由は「楽しい」から。「出た!」とか「おしいー!」とか喜びや悔しさを共感できます。

交代で釣りをすると自分の釣りの時間が半分になるわけで(二人の場合)、人によってはもっと釣りをしたいと思うでしょう。最初から別れて別々に釣りをする人もいるでしょう。今までの経験の中でも、途中で釣りを始めてしまう人もいました。そんな時僕は一緒に交代で釣りをするようそっと促します。それが合わないというのであれば、次からは僕と一緒に釣りに行ってはくれないでしょうね。僕も次回の釣行に誘うことはないでしょう。

せっかく一緒に釣りに行ってるのに、最初から最後まで別々に釣りをしているのであれば、単独で釣りをしてるのと何も変わりません。「勉強」や「共通の楽しみ」を放棄してることになります。

では、どうやって交代するか?いくつか方法があります。一番多いのが「ポイント」ごとに交代する方法です。一つか二つのポイントごとに交代します。たまに「シャレ」でやるのが「フライに出たら交代」というものです。釣れても釣れなくてもフライに出たら交代です。これは気心がしれていないとあまりやりません。

それから僕がよくやるのが「ここどうぞやって下さい」というもの。どうしても僕にたいして遠慮している人がたまにいるので、僕よりたくさん釣りをしてほしいと思い、そうしています。遠慮してない場合でもポイントを譲ることが多いです。

たくさん釣りたいのはわかります。でも僕は誰かと釣りに行った場合は優先すべきことが他にあると思います。楽しく時を「共有する」ことです。

堅苦しく考えなくてもいいです。のんびりと楽しく1日を共に過ごす。釣果にとらわれることなく・・・

DSCF1450_20140825002324bc0.jpg

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あっ 俺の写真だ!これかなり気に入ってます、年賀状にも使いました。

最近人の釣りを良く研究しています、僕より上手い人はもちろん。経験の浅い人も凄く見るようにしてます。

すべて自分のためになることが気付いたからです、昨年までは一人が一番だと思ってましたけどね。



naru様

他の方の釣りを見るのは凄く勉強になります。自分と違ったところがたくさんあるはずだからです。得るものも多いかと・・・
同じ趣味を共有する者同士が渓で1日を共に過ごす。こんな贅沢はそうそうありませんよね?

複数で

釣りをするのが、これほど楽しいとは。昨年気がつきました。
今年も何度か単独で渓に入りましたが・・・ああだこうだとおしゃべりしながら釣りするのは楽しいですね。

パートナーの方の釣りを見ていると本当に自分の為になります。
自分の引き出しも増えます!!

左のKu様

一人で釣りをするのも楽しいと思います。深く自分の釣りにのめり込めますからね。ただ、数だけを目指すだけではなくてね!
またご一緒させて下さい。柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード