今日も楽しかったです。発見も。

M君と久し振りに渓流へ。早く行きたいとのことで珍しく僕も早起き。午前7時に釣りスタートです。
水は平水を少し上回る程度、天気も朝は曇っていて涼しいほどです。

僕は11番の茶色のパラシュート、ティペット5X、18フィートのリーダー。彼は8番の大きなフライ、ティペット4X,ショート・リーダーで始めます。

彼は今年からショート・リーダーに挑戦中で、いろいろ考えたりして頑張っています。交代で釣りをしながら彼の釣りを拝見。キャスティングも美しく、遠くのポイントを打っていきます。ちゃんとティペットやリーダーをコントロールしていて、ドラグが掛かりません。

ほどなくして僕にアマゴが来ました。色の白いきれいなアマゴです。
014.jpg
006_20130804231108f90.jpg
深い淵の真ん中で「バシャッ」とフライを食いにきたのは良型のイワナでした。

008.jpg
M君の釣り姿。流芯の向こうの「マキ」を狙っています。
017.jpg
019.jpg
M君が釣り上げた32センチのアマゴ(湖沼型のサツキマス)。水深のある瀬の中から「ガバッ」と食ってきました。下流に走るのを上手くいなして無事ランディングしました。

今日、あらためて感じたのは「強く早い瀬の中にもマスがいる」ということです。普段から早い瀬を狙っていますが「こんなところに?」と思える場所から今日も何匹か、大きいのが出ました!(二人ともそんなポイントを見逃さずに打っていきました)

強くて早く、しかも水深がある瀬には当然大きく強いマスがいるはずです。M君の使ったフライは8番のボリュームタップリのもの。こんなポイントを攻める時はマスに早く「発見」してもらうために「アピール力のある」フライが必要です(小さいフライでは見つけてもらえない場合が多いでしょう)。
また、フライを安定した姿勢で「真っ直ぐ」流したいので、キャスティング力も要求されるし、フライもドラグの掛かりにくいパターンが求められます。(アマゴ系は流れに対して真っ直ぐにフライを流すことが重要です)

釣れたマスはほとんどが口の中に大きなフライがしっかりと掛かっていました。

交代で釣りをしながら、お互いの釣りを見て、休憩の時にいろいろ話し合い、時には「何で食わない?」、「ここで出ないか」、「ミスっちゃった」・・・などと和気あいあいと時間を過ごせて、有意義な1日となりました。

釣りができることに感謝・・・



tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード