ポイントの攻め方/瀬を釣る

010.jpg
深くて早い瀬です。狙うはアマゴ、ヤマメ、サツキ(少し緩い流れはイワナ)などです。
流芯が二つ出来ていて、中央にやや幅のある少し流速の遅い部分があります。
「ここをどうやって攻めていくか?」

いくつかの攻め方があると思います。僕の場合・・・ドライ・フライで良型を狙います。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、深さは相当あるし、二つの流芯は早く流れています。

攻め方①・・・青い線で囲った部分を先に攻める。幅はおよそ1mほどあります。中央を流しても良いし、左右の流芯際を流しても良いでしょう。すぐにドラグが掛かるのは避けましょう。この部分は少し流速が遅いのでフライを発見しやすいし、食いやすいです。流芯のそばにいるマス(アマゴなど)もここを見張っているはずです。次に二つの流芯を流します。できるだけ真っ直ぐに流します。そしてある程度の距離を流します。

攻め方②
・・・二つの流芯を先に攻める。次に中央の部分を流す。これは早い流れにいる大物を優先した釣り方です。

攻め方③・・・オーソドックスに左側から順番に攻めていく。流芯の左側→流芯→緩い部分→流芯→流芯の向こう側。基本的な攻め方ですが、写真のポイントでは中央の緩流帯周りが最も魅力的なエリアなので、①か②の攻め方がいいでしょう。

僕がやる場合でも①か②の攻め方をします。流芯があまりにも強い場合は①を優先、流芯から大物が出そうなら②でいきます。流芯を先に狙う場合でも手前の流芯→緩流帯→向こうの流芯・・・と狙う方法もあります。

流芯を流す場合でも1投目は最も重要です!できるだけ流芯をずれないように真っ直ぐ流します。1投目に出ない場合、2投目も気が抜けません。たまたまフライに気づかない場合があるからです。時には3投以上流す場合もあります。

アマゴ系の場合はある程度の長さを流す必要があります。もし、マスの真上にフライが落ちると食い損なう場合があります。

フライは大きいものを。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード