ポイントの攻め方/早い流れのどこを狙うか?

001_2013080822190045d.jpg
岩盤のそばを強い流れが横切っていて、手前に深い淵が広がっています。

どこを狙いますか?夕方などは淵尻や浅い場所がメインになりますが、日中ならという設定です。

アマゴ系のマスを狙うなら、早い流れの周囲を流したいものです。白泡のスジとそのすぐ横の流れになります。

①大きなフライを使う・・・小さいフライでは発見してもらえないし、自分からも見えにくい。沈みやすい。大きいフライの方がフッキングも良い。
②なるべく長く流す・・・ちょっとしか流れないとマスがフライを見つけにくいし、食いにくい。
③真っ直ぐ流す・・・②とも通じるが、見つけやすくすると共に食いやすくするのが狙いです。
④フライをどこへ落としてどこまで流すか・・・写真左の真っ白な泡のあたりは無視。岩の左角あたりの位置にフライを落とす。そこから写真右端あたりまで流す。距離にして2~3mくらい。流れがもっと長ければ狙う場所を2分割する。
⑤1投目をどこにするか・・・一番強い流れを先にするか?そのすぐ横の手前の流れを先にするか?どちらでも構わないと思います。通常は手前から先に狙います。ただ、強い流れのほうが大きいマスがいます。
⑥流速の強弱に注意する・・・ドラグが掛かります。手前の流れがゆるいので、そこにラインが乗っているとブレーキが掛かりドラグが掛かるわけです。それを避けるにはカーブ&スラック・キャストが必要です。時には手前のラインを置き換えるロール・メンディングも必要です。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール スラック・キャスト カーブ・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード