8/20(火) 瀬を狙って正解でした。

Aさんと渓流へ。午前7時から午後2時まで釣り。水は減水、天気は曇り。

ティペット5X、18フィート、フライはオリジナル・カディス10番(ボディー:ブラック、ウイング:グレーのパラポストウイング、フロント・ハックル:ブラック)をチョイス。

水量が少ないので、ちょっとでも深く、流れのあるポイント(白泡も含む)をメインに狙っていきます。

段差の少ない瀬の中にできた、1m四方の落ち込みのポイント。その白泡にフライを落として流すと、途中でフライが消えました。ロッドをあおると根掛かりのよう。もう一回あおってみてもフライが動きません。そこでフライを外しに行こうとリールにラインを巻いていると、ラインが下流に行っているではありませんか!その先に大きなマスが! 無事ランディングできましたが、こんなことはほぼ初めての経験です。10番のフライが口の中に刺さっていたのが幸いしたのでしょう。
P8200137.jpg

P8200138.jpg

004_20130820185827847.jpg
「34センチのサツキマス」。尾びれの大きさに注目下さい。後ろに見えているような浅い流れの中から釣れてきました。

001_201308201858280c8.jpg

広く、ゆっくり流れる浅い瀬。浅いとは言っても周辺の渓相と比べると明らかにいいマスがいそうです。周りより少し深いからです。
ポイントの下流部から打っていって、数投目、瀬のほぼ頭あたりにフライを落として少し流れた時、下の写真のヤマメが出ました。この川に居つきのマスです。太っていて立派なヤマメです。10番のフライが口の中。

005_20130820185827f64.jpg

減水しているのでなるべく離れて狙います。こんな浅い流れからでも出る可能性があります。周りよりちょっとでも深かったり、隠れる場所があれば狙うべきです。
P8200148.jpg

今日はもう1匹、大きなアマゴ(ヤマメ)をバラシました。ポイントは落ち込みから流れる瀬で、流木に挟まれた(タテ1m、横60センチほど)場所です。深さは充分あります。頭へフライを落として少し流れると白く大きなマスがフライを食べました。合わせを入れた後、すぐにそのポイントから外そうとしました。しかし、間に合わず、マスは倒木の下へ潜り込み、しばらく後にバレてしまいました。これは僕の技術がまだ未熟の証拠です。

Aさんにも大きなマスが反応しました。ポイントは大きな淵の流れ込み。幅3mほど、長さ2mほどの白泡の流れです。ポイントの頭にフライを落とすようアドバイスしました。フライが1mほど流れると下からマスが出てきました。しかしフライを食うには至らず!慌てた様子がなかったので、フライ交換をすすめます。少しの間を入れるつもりで。
しかし、次の反応はありませんでした・・・。残念です。

今日、彼もいいマスを何匹か釣りました。

今日は大きな淵の緩い場所やヒラキはすべてパスしました。狙ったのは淵の流れ込みです。少しでも早い流れがあって、白泡ができている場所に的を絞りました。

淵以外では瀬を狙いました。また、小さな落ち込みも見逃さず打っていきました。岸よりの木や草の際、陰のある場所も狙います。減水なので少しでも水深のある場所を狙った訳です。

また、少しでも早い流れを重視しました。とても早い流れは喜んで打っていきました。

減水した場合は上記のような場所でも大きなマスが付いています。
水が少ないので、水温も上がるし、酸素も減ります。また外敵などのプレッシャーもあるでしょう。
少しでも酸素が多い所や隠れられる所、陰のある場所、少しでも深さのある場所。そういった場所が狙うべきポイントでしょう。

今日はライズもいくつか見られました。曇っていたのとお盆のプレッシャーから解放されたのが要因かも知れません。
フライへの反応もいつもより多かったです。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

さすがですねー  日曜日、僕らもたぶん同じ渓に行ったのに全然でした。でも瀬からいいのがSさんとKさんに来ました

僕なんかカエル1匹だし(涙)

naru様

以外と小さなポイントからでも大きいのが出ました。周りよりもちょっとでも水深があったり、白泡があったり、流れが早かったりしたポイントを狙いました。結構な確率でいいのが入っているようでした。最近は釣り人も多いので、タイミングもあるでしょうね。
柚木

No title

日々変化する状況にいかに対応できるか!!

そういった判断力をもっと研ぎ澄ませて行かないと、釣果に結びつかないのですね。

頑張ります。

Kub様

M君も言ってたでしょう?「大きなプールは狙わないって」。
減水、昼間、晴れてる、プレッシャーの高い状況では大きなプールを狙ってもそう簡単に出て来てはくれません。夕方は別ですけど。

プールにもデカイのはいるでしょう。でもドライではちょっと無理がありそうですね。

ここ2回の釣行でも瀬のなかや、ちょっとした落ち込みにデカイのが入ってました。

大きなプールを除けばそういったポイントに入っているはずなのです。水量が多ければ狙うポイントも変わってきますが。

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード