石川さんと釣りをして・・・

DSCF1118.jpg
「すべての面において尊敬できる人」

ルアーフライショップ上飯田の石川さんと釣りをさせてもらって感じたことを書きます。

まず、彼のテクニックと知識の豊富さにあらためて驚きました。彼と釣りをするのは5年振りですが、今回はじっくり彼の釣りを見ることができたので、細かいところまで自分なりにわかりました(もちろん僕が気づかないこともたくさんあったはずですが)。

●雨予報なので「浮力の強いフライ」を新たに用意してきたとのこと。彼の用意周到な面が見られました。

●短いリーダーでポイントに近づいて釣りをしていた。増水はマスの警戒心も低くなるし、白泡や流れの具合で近づくことができます。それらを上手く利用していました。

●ポイントの選択に無駄がなかった。ポイントの攻め方も理に叶っていた。ここはと思うポイントはキャスト回数を増やし、そうじゃないポイントは様子を見るにとどめていた。

●フライを落とす位置が絶妙だった。無駄がありません。

●キャストしてすぐにラインを右手(ロッド・ハンド)に持ちます(これは基本なのでほとんどの方がやっている)。そのあとが違います!すぐに左手でラインを1mほど引きます(引く長さは状況に応じて変わります)。これの目的はラインのタルミを少なくして合わせのロスを防ぐためです。ドラグを防ぐ意味もあります。こんなことをしている人を今まで見たことがありません。これは自分で考えたことだそうです(ほかのこともほとんど自分で考えて編み出してきたそうです。そこが凄いところです)。

●木がポイントの上に被さっている場所でマスがフライに出た時の合わせがびっくりしました。普通は横に合わせます(上には合わせられませんからね)。でも横もスペースが狭く引っ掛かる可能性がありました。彼がとった合わせの方法は「ロッド・ティップを小さく回してフライを動かした」でした!まさに目からウロコです。恥ずかしながらこんなこと思いもよりませんでした。彼にしたら当たり前のことなのです。これも自分で考えてやっているそうです。

上記の二つのテクニックをギャラリーの方に「気がつきましたか?」と聞きましたが誰も気がつかなかったそうです。

●キャストしたあと、たるんでくるラインを手に持つのですが、彼は指に順番に掛けています。ワッカの大きさも臨機応変に変えています。見ているとラインが水に垂れることはありません。いつも手にワッカにして持っています。僕ももちろん、そうしていますが違うことがあります。僕は渓流ではラインを指に掛けることはほとんどしません。トラブルはありませんが彼の方法のほうが、より上だと思います。

●スペイ・キャストのテクニックを随所に応用していました。後ろに木があってバック・キャストができない場合は「ペリー・ポーク」や「スナップ・T」を使う。「シングル・スペイ」もやっていました。スペイ・キャストは何も大きな川ばかりで使うものではありません。小さな渓流でも応用できます。

●「縦のメンディング」も随所に見られました。ラインの水への接地面を小さくしてドラグを防ぐテクニックです。僕は別のやり方でやっているのでこの方法はほとんどやりませんが、これも重要なテクニックの一つです。

●無駄のないキャストも勉強になりました。フォルス・キャストも少なく、ミス・キャストもありません。トラブルもありません。釣りがスムースなのです。これもギャラリーの方には勉強になったのではないでしょうか。

いろんなテクニックが見られて勉強になりました。しかし、もっと凄いのは「これらのことを普通にやっている」ということです。見られているから大げさにやるとか、難しいことをやっているとかではなく、アタリマエにできるところに彼の凄さがあるのです。

終わってから彼に話を伺うと「これらのことは自分で考えてやってきた」と言われました。ここが素晴らしいところです。僕も自分で考えて行動してきました。先達や師匠、他の方々、雑誌・ビデオからも勉強しました。しかし自分で考えて工夫してきたことは何者にも変えがたい財産です。

2回目の「対決」を必ずやります。次が楽しみです。










tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日はお疲れ様でした。シーズンの最後に素晴らしい技を見せていただきありがとうございます。ここに書かれていることが近い将来自分の持ち技になりますように!

Iでございます様

こちらこそ、参加してもらって有難うございました。
石川さんのテクニックや釣りに対する姿勢が勉強になったと思います。次回は開けた渓流で天気のいい日にやりたいですね。

昨日の練習でさっそくワッカは小指から引っ掛けていくことにしました。
めんどくさぃ!
長さの変化のバリエーションを無視すれば今月中にワッカは指に引っ掛けるスタイルに変身できるとおもいます。 たのしー

Iでございます様

何でも練習すれば自分のものにできます。
頑張ってね!
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード